2019年4月17日 決算法人説明会

2019年4月17日(水) 杉並税務署 決算法人説明会

杉並税務署の別館2階会議室にて、決算法人説明会の講師を担当させていただきました。杉並法人会さま主催のもので、杉並区では毎月おこなわれているようです。私は去年から、何ヶ月かに一度の頻度で講師を担当させていただいてます。

テキストは法人会さまの↑の冊子を使用しています。会社の決算や申告について、全体の流れと、個別論点の話についての冊子です。これを、1時間~1時間15分で説明するという内容です。

決算・申告というものの全体の流れと、売上・仕入の計上について減価償却について役員報酬の注意点などの個別論点について。こうした内容を順番に話していくと、もう1時間ではとても話し足りません。毎回かなり駆け足になってしまいます。なんとか重要だと思うことだけを抜き出して毎回お話しています。減価償却の仕組みや、役員報酬は定額でないといけないことなど。あとは法人税の節税のために利益を少なくしようとして物を買ったり給与を上げたりしてもそれは一長一短だという話も、板書を使ってお話しています。利益を出していかないといけないというのが会社の大原則です。どの水準まで利益を出すか、どれだけ投資に回すかというのは業種によったり経営者の方のご判断だったりしますが。

今回はこの講師の仕事のあとで、聞いていてくれた方とお話をする機会がありまして、そこで私の話した内容について実際どうでしたか?というお話ができましたので、とても今後の参考になりました。話すスピードや音量は問題なさそう、とかそういうレベルから色々と意見を聞くことができて、ありがたかったです。

こういう風に人前で話す仕事って、去年初めてこの仕事をしたときは慣れなくて不安でしたけど、やってみたらとても楽しくって、しかも自分の性格・能力を考えるととても向いていると思いますし、今後も継続していきたいと思っています。これはもう私の得意分野ですね。テキストの内容をわかりやすくまとめるということも税理士の仕事に直結しますし、それももともと私の得意な事柄でしたけどさらに伸ばすことができるので、2重3重に良い仕事だと思っています。内容についても、講師のやり方についても、今後もっともっと改良していってクオリティを高めていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です