2018年12月6日 決算申告説明会

2018年12月6日 青色申告会さま「決算申告説明会」

杉並青色申告会さまにて、決算申告説明会の講師を私が担当させていただきました。
全5回の記帳指導の第5回目、最終回として、税理士による決算・申告についての説明会というものでした。時間は3時間で、私はこの日の午前・午後を担当しました。
内容は、まずは青色申告決算書について、次に確定申告書について、という順番でお話しました。最終的に国税庁の確定申告作成コーナーで、私がPCを操作して(プロジェクターで映しつつ参加者の方々にも同時に操作してもらって)申告書を実際に作成するという流れでおこないました。
使用したテキストは、税務署で配布されている「青色申告の決算の手引き」「青色申告決算書の書き方」「確定申告書作成の手引き」でした。
「青色申告の決算の手引き」は決算でどういう作業をおこなうかが書かれてあります。棚卸から始まって、売掛金買掛金の集計、減価償却、貸倒引当金の計上、消費税の計算などなど。これらをひとつひとつ順番に、どういうものか解説していきました。棚卸とは倉庫の在庫の数を数える作業のことで売上に対応する売上原価というものを算出するためにおこなう作業のことです、売掛金とは12月中に商品を渡したりサービスを提供したりして入金が年明けて1月以降になるもののことです、減価償却とは帳簿上の価値を毎年減額していくもので何年間で減額していくかは資産ごとに法律で決まってます、などなど。こういう一連の作業のことを総称して決算と呼びます。
決算が終わったあとは、申告です。決算でできあがった数字をもとに申告書を作成し、税務署へ提出する作業のことです。これは税理士に頼まない個人事業主の方は国税庁の確定申告作成コーナーで作成するのが一般的だと思います。自宅のPCでできますし、マイナンバーカードとカードリーダー(Amazonで1,500円くらいで買えます)があればそのままweb上から送信して終わりです。
確定申告書の用紙をもとに、所得税の計算の仕組みなどについてもお話しました。まずは収入というものがあり、これはいわゆる額面のことで、そこから経費を引いたものが所得です。給与の場合は額面から自動的に所得が決まります。その所得を合計したものに税率をかけて所得税が計算されるのが基本です。そのとき、こういうものがあれば所得を減らして所得税が少なくなっていくというものが、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、扶養控除などなどです。医療費控除は家族で年間で多く医療費を支払っていれば対象、社会保険料は国民健康保険や国民年金や小規模企業共済、iDeco(確定拠出年金)などのことで支払った金額がそのまま所得控除、生命保険料控除は民間の保険会社への保険の支払いで4万円や5万円の限度額あり、扶養控除は養っている親族がいれば対象、などなどです。
というお話を、たっぷり3時間かけておこないました。たっぷりと言っても、実際は3時間では全然足りませんでした。かなり駆け足の説明になってしまいました。
この日は午後の部が終わったときには声が枯れてしまって参加者の方々にのど飴をいただいたり(めちゃめちゃありがたかったです)なかなか大変でしたが、仕事としては最高に楽しかったです。まず人前で話すということが楽しいですし、しかも内容は自分が毎日そればかり勉強している専門分野の話という。
この青色申告会さまで講師の仕事をさせていただいたのは去年に続いて2回目だったのですが、来年も絶対やりたいなぁと思うくらい楽しい仕事でした。もっともっとわかりやすく丁寧に、クオリティを上げつつ、いいこと知ったなぁと思ってもらえるような内容の話をできるようにがんばっていきたいですね。
来年もぜひぜひよろしくお願いいたします。税金のことは何でも聞いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です