2018年4月11日 金融庁「家計の資産形成の促進に関する説明会」

2018年4月11日 金融庁でおこなわれた「家計の資産形成の促進に関する説明会」に参加してきました。

家計の資産形成の促進に関する説明会(税理士向け)の開催について
※金融庁のサイトへのリンクです
https://www.fsa.go.jp/policy/shokenzeisei/20180227.html

税理士や税理士事務所に勤務している人向けの説明会ということでしたが、会場は意外と(?)若い人も多かったです。
霞が関ってなかなか行く機会ないのですけど、建物も綺麗で広くてカフェも空いていて(12時~13時のお昼休み時間は混んでいるのかもしれませんが)良いですね。警備員の人たちの数が多いので安心感もありますし。

以下、説明会の内容についてです。

・なぜ「家計の安定的な資産形成」を推進?
日本は諸外国と比べると家計の金融資産や資産運用による所得がとても少なく、金融資産ゼロの世帯も多い。この状況を何とかしていかなければ、という話でした。

・なぜ「つみたてNISA」なのか?
金を貯めるための投資として、少額から可能なつみたてNISAが最適、と。また、つみたてNISAの対象商品は販売手数料0円かつ信託報酬も安いものに限定されているという利点も大きいという話でした。

・職場で「つみたてNISA」を普及!
きっかけがなく資産形成に踏み込めないという人も多いので、まずは職場で投資を学べる機会(セミナーなど)を作っていければ、という話でした。つみたてNISA、iDeCoなどについて。

税理士は中小企業の方々との接点が多いので、関与先へもつみたてNISAについて上記のような話を広めてほしいとのことでした。
私も今後お話していきたいですね。
つみたてNISAは、手数料が安いものを厳選しているという点が、とても良いと思っています。基本的に投資信託の手数料って高すぎると思いますし。1%2%でも積み上がるとばかにならない。株式の現物の売買くらいの手数料が「投資」として許容できる範囲かなという感覚です。投資信託(の高いやつ)や仮想通貨なんかは手数料高すぎて投資と呼べないんじゃないかという意見です。誰のための投資なのか…っていう。

関与先へつみたてNISAのお話をするときの説明用資料(パンフレット)としては、金融庁のつみたてNISAのページがとてもわかりやすくて良いと思います。
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です