税理士会の会報誌への投稿記事

税理士会の杉並支部の会報誌(定期的に税理士事務所に届けられるもの)に各同好会の活動内容を紹介するコーナーがあります。
野球同好会、テニス同好会、ゴルフ同好会など。
私が参加しているのはボーリング同好会だけなのですが、今回そのボーリング同好会の記事を私が担当しました。ここに全文を掲載しておきます。
ちなみにボーリング同好会では年間3~4回ボーリングをしています。それに加えて荻窪支部と合同のボーリングも年間2回ほどおこなっています。

『荻窪支部との対抗戦で勝つ方法(失敗案)』

ボーリング同好会は年に2回ほど荻窪支部と合同でボーリングをしているようです。私もこの前初めて参加させていただきまして、とても楽しく遊べたのですが、合計点数で差をつけられてしまって悔しい思いをしました。勝敗は置いておいて楽しく遊ぶことが大事だとはわかっていますが、それでも負けると悔しいものです。
そこで、勝つ方法を考えてみました。もちろん練習して勝ちましょうという話ではありません。通常通りのメンバーが通常通りに参加して結果的に勝っていましたという状況を生み出しましょう、という話です。
レーンごとに点数の出やすいレーンと点数の出にくいレーンを作り出せばよいのです。
ピンの倒れやすいレーンと、ピンの倒れにくいレーンを混在させる。ピンの倒れやすいレーンで投げた人は自然と高得点になって、ピンの倒れにくいレーンで投げた人は自然と低得点になります。ここで、それなら杉並支部も荻窪支部も同じ条件じゃないか?という疑問があるかと思いますが、1レーン3人に設定するのです。杉並支部2人荻窪支部1人のレーンは高得点になるようにして、杉並支部1人荻窪支部2人のレーンは低得点になるようにする。これで完璧です。
さて作戦が決まったところで、荻窪ボウルに電話をかけて聞いてみました。「団体予約をするときの質問なのですけど、レーンごとに点数を出やすい設定、出にくい設定にしてもらうことってできますか?」「そういう設定は無いですね…。前の人の使用状況でレーンの油の状況は変わってきますけど…」え、無いのか。
次は吉祥寺第一ホテル地下のボーリング場にも電話で聞いてみました。「そういう設定は無いです。機械が自動でピンを並べますので」うーん。
そもそも不可能みたいですね。残念。
では、仮に、こういうことが可能だったとしたら、みなさんどうします? やっちゃいます?(1~2回くらいはばれないと思いますよ? なんて)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です